top of page
  • 執筆者の写真こどもギター講師浅見出

Pedaltrainのnano plusを導入!

こんにちは、ギタリストの浅見出です。


ようやく小型のエフェクターボードを作成しました。

ひとまずレイアウトだけ。



ボードはPedaltrainのnano plusにしました。

軽くて良い!

大型のボードはエフェクターも多くなるしとにかく重たい!インストとかだと飛び道具も色々必要なので頑張って持ち歩くのですが、シンプルなペダル中心で良いアンサンブルの場合なんかはトゥーマッチだったんですよね。


と、言うわけでひとまずレイアウト。ペダルのサイズにもよるけど、このボードだと4〜5個くらいですかね。


OD、DSにディレイって感じを基本にしながらボリュームペダルは外に繋いでも良いしチューナーはクリップでも良いので、場合によってコーラスや飛び道具を入れたりも出来そうですね。


ODはIbanezのTS-miniですね。今度早速使う仕事の現場が80年代のツインリバーブなので当然のごとく笑、このチョイスになりました。アイバニーズのチューブスクリーマーで、1番安いコレが実は1番良い説ね。後発なおかげでノイズもほとんどないし、トゥルーバイパスだし。音はちゃんとチューブスクリーマーだし。


ディストーションは今回はMaxonのSD9にしたけど、場合によって変わりやすいポジションかな。BOSSのDS-2も好きなので現場によって結構変わるかも。


ディレイもこの、BOSSのDD-3が結局シンプルで1番馴染むんですよね。場合によってアナログディレイとかも良いんだけど、コレは設計が古いせいかデジタルだけど音が古臭くて良いんですよ笑


なんて感じで小型のボードを組んでみました。


今度の仕事で早速使うの楽しみだなー!

閲覧数:18回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page